Archivo diario: octubre 31, 2016

Halloween en Japón – 日本のハロウィン

日本でもハロウィンが年々浸透し、いろんなイベントが行われるようになりました。しかし、ハロウィンって何?由来は?なぜかぼちゃなの?など、答えられる人は少ないと思います。 ただの仮装パーティではないので、簡単ではありますが、ハロウィンの歴史をご紹介したいと思います。 ハロウィンの起源 ハロウィンはヨーロッパのケルト人の宗教的な行事と収穫祭が起源とされています。 秋の豊作を願うお祭りであると同時に、10月31日は大晦日、そして11月1日は新年だったそうです。この時期には、日本のお盆とおなじように、この世とあの世の門が開き、死者の魂が家族を訪ねて来ると信じられていました。しかし、悪霊もうろつくので、いたずらされないように11月1日の朝、祭司から聖なる火を分けてもらい、悪霊から家族を守る火を持ち帰っていました。 ハロウィンの名前の由来 11月1日はカトリック教会では聖人の日の前夜祭「All Hallows Eve」で、それがなまって「halloween」となったそうです。Hallow とは、昔使われていた英語で聖人という意味です。 ジャック・オ・ランタンの伝説 むかしむかし、酒飲みでろくでなしのジャックという男がいました。ハロウィンの夜、この「ケチ」というあだ名のジャックの前に悪霊が表れ、地獄へ連れていくために来たと伝えました。最後に一緒にお酒を飲みたいとジャックが頼んだが、二人ともお金を持っていなかったので、硬貨に変身して魔王の力を見せてほしいとジャックは悪魔に頼んだ。ジャックに騙されて硬貨になった悪魔は、十字架が入っていたポケットの中に入れられました。苦しそうにしている悪魔に、一年間邪魔をしないで欲しいと約束させて、追い払いました。 一年後のハロウィンの夜、ジャックのもとにまた悪魔が来ました。ジャックはまたうまく騙して、永遠に邪魔をしない、そして地獄へ連れて行かないと約束させて追い払いました。数年後ジャックは死んだ。天国に行こうとしたが、断られました。次に地獄に行ったら悪魔は、約束をしたので入れてくれませんでした。天国にも地獄にも行けなくなったジャックは、落ちていたかぶをくりぬいて、悪魔にもらった火を入れて灯し、さまようこととなりました。 「ランタン」は提灯という意味です。 ハロウィンのかぼちゃの由来 ジャックの物語にあったように、もともとはかぶをくりぬいて中に火を灯しました。ヨーロッパからアメリカへ人々が移住した時、その習慣をアメリカに広めましたが、肝心のかぶがあまり栽培されてなかったので、かぶの代用として、アメリカにたくさんあったかぼちゃをくりぬいて提灯をつくったそうです。 スコットランドではいまだにかぶを使われていますが、日本はアメリカ式のかぼちゃが広まったようです。 ハロウィンのオレンジと黒 オレンジはかぼちゃの色、そして黒は夜を表しています。 ハロウィンの仮装の意味 10月31日に死者の霊がやってくる日ですが、その時、死者に混じって魔物と魔女も人間の魂を奪うためこの世にやってくるので、仲間だと思わせるように人々は仮装すると伝われています。仮装は魔除けという意味もあります。 ハロウィンの Trick or Treat 仮装した子供たちは町内を歩き、「お菓子をくれないといたずらするよ」と、お化けや魔女に扮してお菓子をもらいます。お菓子をわたすことで、「悪魔」が悪さをしないようにという魔除けの意味もあります。 日本のハロウィンの起源 ウイキペディアによりますと、1990 年代後半よりディズニーランドのイベントに始まり、各地でのハロウィンのイベントの開催が増えたそうです。さらに2000 年代後半には、SNSの普及と日本のコスプレイ文化にも後押しされて、日本式ハロウィンが生まれます。アンケートによりますと、8割の人がハロウィンに興味がない、もしくは好まないという結果があります。 . ハロウィンはもともと宗教的な行事と収穫祭が起源ですが、毎年渋谷の行事に参加している人たちは分かっているのでしょうか。楽しく過ごすのはとてもいいことだと思いますが、イベントの歴史も分かって欲しいと老婆心ながら思います。 以上、ハロウィンのお話しでした。 . Halloween en Japón – 日本のハロウィン Entrada … Sigue leyendo

Publicado en Costumbres, Historia, Japón | 10 comentarios